妊娠中でも、ライティングの在宅ワークはしっかりと稼げました

家にいながら、ちょっとした隙間時間に出来る在宅ワークは、主婦の便利な仕事でもあります。

けれど、家にいながら出来る、簡単に収入を得ることが可能などと、広告などに記載しながら、実は初期費用が掛かったり、全く収入にならないと言う在宅ワークも中にはあるようです。
今回は、私が経験した在宅ワークで、収入になったもの、ならなかったものを紹介したいと思います。

ライティングで妊娠中はしっかりと稼ぎました!

私は結婚してからも、介護、看護系の仕事をずっと続けてきたのですが、妊娠し、切迫流産の恐れもあると言うことから、病院から自宅待機を言い渡されました。

そのため、妊娠初期にも関わらず、収入を得ることが出来ない月が出てきてしまい、夫の収入も当時かなり減っていたことから、何か自宅で出来る仕事は無いかと探すようになりました。

その頃、暇があると見ていたブログの人が、本業の仕事とは別に、ライティングと言うものをやっていて、詳しい方法や、こんなサイトもあるよ~と紹介していたので、私もサイトにいくつか登録して、ブログや商品紹介などの記事を書き始めることになりました。

最初は全く慣れていないため、月に数百円あれば良いこともあったのですが、妊娠後期になると、ほとんど身体も安定していたことから、毎日朝からパソコンの前に座り、ライティングをしていました。

妊娠後期には、パソコンを打つ早さもスピードアップし、頭で文章の構成などもサッと浮かぶようになってきたため、多い月だと七万~九万ほどの収入を得ることも可能となってきました。

現在は出産し、育児をしながら隙間時間にライティングもしていますが、子供の世話もあり、なかなか時間が取れない状況です。

けれど、収入にして一万~三万ほどになる月もありますので、ちょっとした副業にもライティングは良いかと思います。

また、私が書いていたクライアントさんが、とても良い人が多かったのも、収入に繋がったかも知れません。

収入がゼロだったテレフォンレディー・・・

しかし、ライティングのようにしっかりと収入になるような自宅ワークもあれば、全くお金にならないような自宅ワークも経験したことがあります。

以前、結婚する前に、私は仕事をしながら、副業で収入を得たいと思い、テレフォンレディーに応募したことがあります。

この仕事は、地元のアルバイト情報誌で見つけて応募し、一時間話をすれば、千円ほどの時給になると言うことだったのですが、話が一時間以上続かないと、収入が発生しないと言う厄介なシステムでもありました。

これは、今のようにパソコンがあまり普及していない時に、電話を使って、いろんな男性と話をするような仕事であり、ちょっとエッチな話をするアダルトと、全く普通の会話で大丈夫なノンアダルトのものがあり、私はノンアダルトのほうを選んで仕事をしていました。

ところが、ノンアダルトにも関わらず、電話で○○してみて、服を脱いでみて、エッチな声を出してなどと、いろんな要求をする人も多かったです。

精神的にも電話を続けさせないと収入にならないと言う焦りから、かなりストレスになりましたし、電話が掛かってこない場合には、収入が入りませんので、仕事に全くならなかったです。

このことから、テレフォンレディーは二週間ほどで辞めましたが、収入はゼロ円であり、無駄な時間を使ってしまったなあ~と当時はかなり後悔しました。

やっぱり、簡単に稼げるなどと書いてある仕事には、あまり飛びつかないほうが良いかも知れませんね。

利用者数No.1!お仕事いっぱいの内職サイトはこちら

クラウドソーシング「ランサーズ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加